大規模修繕の見積もりをしよう<料金を明確にする>

工事をする時期

新築の場合は得に手を加える必要はありませんが、家を建ててから10年が経過する場合は注意が必要です。ですので、いつごろから工事をすればいいのか知りたいなら下記を見ておくと良いでしょう。

大規模修繕を行うタイミング

  • 新築から10年経過した頃
  • 住宅の気になる所を含め、15年目頃を目安に

大規模修繕の見積もりをしよう<料金を明確にする>

工事現場

サイトから簡単に検索

大規模修繕を専門としている業者はほとんどウェブサイトを持っているので、サイトから見積もりをすることが可能となっています。サイトを開いたら見積もりというボタンがるので、それをプッシュすればいいのです。

1分足らずでできる

見積もりを算出するまでに長時間必要と思われがちですが、最近では1分もしないうちに大規模修繕の料金を出すことが可能となっています。ですので、早く工事をスタートさせたい方でも利用することができるでしょう。

査定が終わったあとの工程

プランを見比べる

大規模修繕の業者によって内容がガラリと変わってくるので、プランを調べておくと良いでしょう。そうすることによって、一番理想的な業者を見つけることができます。そうすると後悔することがありません。

電話をする

業者が決まったらまずは電話やメールなどをして契約したいという旨を伝えなければなりません。そして、工事を進めるにあたって用意するべき資料があるので、自分から聞いておくと良いでしょう。

調査

大規模修繕をする予定の建物調査が待っているので、必ず予定を開けておきましょう。そこで正しい診断をすることによって、的確な工事をすることが可能になる大事な過程となっていると言えるでしょう。

工事スタート

細かいチェックをしてから完全にOKサインが出たら初めて工事に取りかかることができます。その間、住人に騒音などで迷惑をかけてしまうので、工事をする前に予告をしておかなければなりません。

広告募集中